2003.9.21
日本テレビ系「マネーの虎」でおなじみの厳しく、恐い社長、小林敬氏。新和風創作料理「庵」、立ち呑みの店「本日開店」など、関西を基盤に約90店をチェーン展開する、 小林事務所の代表取締役社長である。今年4月には汐留シティセンターに「UN CLUB TOKYO」をオープン。東京への進出も積極化している。9月17日に開かれた2 003年5回フードリンクセミナーではその小林氏を迎え、コンピュータ技術を生かした経営術をマーケティング中心にていねいにご教授していただいた。システムエンジニアで もある小林氏独自の斬新な経営論のエッセンスを、セミナーよりダイジェスト!

● プロフィール
小林 敬(こばやし たかし)氏
小林敬
 株式会社小林事務所
代表取締役社長。
 1957年北海道函館市生まれ。大阪の調理師学校卒業後、フランス料理店勤務。79 年函館で小さなレストラン「らんぷ亭」開業。82年大阪に戻り、ステップアップのためフランス料理店勤務。さらに食肉卸でシステムエンジニアとしてオフィスコンピュータの システム開発に携わる。88年、大阪市天王寺区に「食べて得する料理家 庵」創業。91年株式会社小林事務所設立。以降、「庵」、「本日開店」など和風創作料理を中心に多 数の業態を開発し、直営、FCを含め約90店を展開している。自社で開発したITシステムには定評があり、ITを活用した外食のオペレーションでは先端を走っている。
元システムエンジニアという
異色の経歴


 「マネーの虎」では恐い社長のキャラで人気の小林敬氏。しかし、その素顔は自身いわく「大胆で臆病」。
 「大胆」と「臆病」は相反するが、「小林事務所を頭脳集団の会社に進化させるにはどう したらいいか、ずっと暗中模索してきた」と語る言葉からは、21世紀を勝ち残る外食企業の条件について、小林氏が大胆で革新的なアイディアを駆使しつつも、石橋を叩いて渡 るがごとく慎重にきめ細かいプランニングをして、事業を進めてきたかが、十二分に伝わってきた。
 セミナーで話される小林氏は、とかく難しく考えられがちなコンピュータ技術を活用した経営について、極力わかりやすく説明するために図を多用。具体例に則して話されるなど、テレビで受ける印象とはまた違って、理論派で気づかいの人といった印象だった。
 ちなみにテレビ出演したのは「日本の中小企業はまず、経営者がクローズアップされる ので、経営者が目立たないといけないから」で、当初の目的は達成され、現在は「マネーの虎」は卒業されているそうだ。

 取材 執筆 長浜 淳之介 2003年9月20日