フードリンクレポート


「よりよく生きる」で外食に新風を巻き起こす女性経営者
福政 惠子 氏
株式会社アクアプランネット 代表取締役

2007.11.9
「ベルジアンビア・カフェ」の日本での展開ライセンスを取得し、現在、東京で2店舗、大阪で1店舗を展開する、アクアプランネットの福政社長。来年には独自ブランドでイタリアンも出店する予定だ。「リビング・ウェル 〜よりよく生きる〜」をコンセプトに外食だけでなく、「ゆりかごから墓場まで」よりよい人生を送れる事業を複合的に展開しようとしている。


ベルギービールだけでなく料理も人気

「アントワープ」は東京の商業ビルの人気テナント

 大阪・淀屋橋で2003年12月にスタートしたベルギ—ビール・レストランカフェ「バレル」は全世界に約70店舗を展開している「ベルジアンビア・カフェ」のアジア第1号店。

 2005年11月に東京に進出し、丸の内の商業施設「TOKIA」の地下にオープン。そして、2007年10月には、銀座コリドー街の商業ビル、ニッタビルの1階に開店。そして、来年3月に赤坂TBSの再開発施設横の赤坂4丁目プロジェクトにも出店する予定だ。三菱地所、三井不動産、サンケイという3大デベロッパーからラブコールを受けた。

 同店を展開する株式会社アクアプランネットは教育事業からスタートし、6年前に際コーポレーションのFCとして「万豚記」で飲食事業を始めた。女性社長、福政惠子氏が生まれ故郷の三重県松阪市で13年前に一人で始めた会社だ。

 現在は、教育事業で20教室3000人の生徒を抱え、外食事業で「アントワープ」2店舗を含む4店舗を経営している。年商は約20億円にまで業績を拡大させた。

 TOKIAの「アントワープ・セントラル」は50坪にテラスも使って年商3億円以上。しかも、地下1階でこの売上高には驚かされる。2年前のオープンから今も徐々に売上が上がり続けているそうだ。


TOKIAにある「アントワープ・セントラル」

 他方、大阪店は4周年で35坪で約9千万円の年商。東京のマーケットは巨大だ。来年は3月の赤坂への「アントワープポート」の出店のみならず、4月には青山に独自ブランドでイタリアンを出店する計画。

 福政社長のコンセプトは、「リビング・ウェル」。よりよく生きることをサポートすることだ。「大阪はおでかけ外食へのポテンシャルが低いように思います。1人当たりの飲食店数は、東京の1.5倍と過当競争です。よりよく生きるための飲食店を展開していきたいので、東京に集中したい」と東京でのコンセプトの実現を狙う。


全文(有料会員専用)の見出し
1998年、精神の時代が到来。リビング・ウェルで起業
教育事業から「万豚記」で飲食に
ベルギービールカフェを世界で展開するインべブ社と出会う
「ゆりかごから墓場まで」、次はアンチエイジング


福政 惠子(ふくまさ けいこ) 
株式会社アクアプランネット 代表取締役。三重県出身。「リビング・ウェル 〜よりよく生きる〜」をコンセプトに、1994年に株式会社アクアプランネットを設立。学習塾・予備校で教育事業をスタート。2001年に「万豚記」のFCとして外食事業に進出。「ベルジアンビア・カフェ」の日本での出店権を取得し、東京・丸の内、銀座、大阪・淀屋橋で3店舗を運営。2008年3月には東京・赤坂に4号店、4月には東京・青山で独自ブランドのイタリアンを開店する予定。

株式会社アクアプランネット http://www.aquaplan.net/index.html
ベルジアンビア・カフェ http://www.belgianbeercafe.jp/

【取材・執筆】 安田 正明(やすだ まさあき) 2007年11月3日取材

Copyright(C) FOODRINK CO.,LTD All Rights Reserved