フードリンクレポート


マックがあれば、郊外駅前に出店。
イニシャルが低くて利益率の高い飲食店は可能。
花光 雅丸氏
株式会社sublime(サブライム) 代表取締役

2009.9.2
低投資店舗とそのインフラを活用した店前の屋台をセットにした、ユニークな出店を続けるサブライム。今年は、7月以降12月までに7店を出店し、計22店とする計画だ。都心を避けて郊外駅前に出店を続ける狙いを聞いた。


「ととしぐれ下北沢店」にて、花光雅丸氏。提灯の「山田くんハイボール」はサブライムが開発した、日本酒のジンジャエール割。

京王線つつじヶ丘駅前で35坪、900万円

 サブライムが、京王線つつじヶ丘駅前に7/7にオープンさせた「串揚屋」は、2フロアの約30坪で、初月売上900万円を達成した繁盛店だ。エビス中生390円、客単価1800円という安心価格で地元のリピーター客を掴んだ。同店は築50年という寿司屋の居抜き。しかも450万円しか投資しておらず、1ヶ月半で投資額を回収する見込みだと言う。

 同社は今年に入り、「ととしぐれ武蔵境店」(JR中央線武蔵境駅前)、「芳蘭」(都営浅草線東日本橋駅前)、「串揚屋」(京王線つつじヶ丘駅前)、「生ハム」(地下鉄新宿三丁目駅から徒歩5分)、そして、「備長扇屋」の居抜きを使い、8/17にオープンした「ととしぐれ江古田店」(西武池袋線江古田駅前)。「芳蘭」と「生ハム」を除いて、郊外駅前に出店を続けている。9月の前半に「高円寺店」、中盤に「溝口店」の出店が決定している。

「今年中盤から利幅が大きい店舗を創るコツがわかり、銀行からの信用力がアップしました。資金は潤沢で、年内にあと7店出し、最低でも22店舗体制に持っていく」と花光氏は勢いづく。それも、郊外駅前で繁盛店を作る自信を持ったから。


「ととしぐれ武蔵境店」 外観。


「芳蘭」 外観。


全文(有料会員様専用)の見出し
投資額を月商にする
駅前にマクドナルドがあることが出店条件
業態力は店舗数に比例する
(写真8点、約3千1百文字)

【取材・執筆】 安田 正明(やすだ まさあき) 2009年8月13日取材

Copyright(C) FOODRINK CO.,LTD All Rights Reserved