次に流行るお店

てっぺん繁盛の秘訣を公開、自己啓発の輪を広げる拠点目指す
「てっぺん渋谷男道場」(東京・渋谷/鉄板焼・寿司)

第152回 2006年9月22日

オープンキッチン
「てっぺん渋谷男道場」は、「居酒屋甲子園」の理事長を務める大嶋啓介氏が経営し、モチベーションを高める独特な朝礼を行うことで知られる、てっぺんの4店目の店で、店のテーマは「共に勝つ」。オープンは、今年8月8日。

 男性スタッフばかりで固めた、鉄板焼と寿司の店で、2号店としてオープンしていた、道を隔てた真向かいにある店、元の「てっぺん渋谷店」は、「てっぺん渋谷男道場」の新規開店に伴い、対になる「てっぺん渋谷女道場」にリニューアルした。こちらは女性スタッフばかりで固めていて、焼鳥と串焼の店である。


有名な朝礼

「共に勝つ」とは、相手を打ち負かすことではなく、目標達成、夢の実現、成長のきっかけを得るといった、一緒に成果を出すことを指す。従って、同店では、同業の飲食業者にも来てもらって、こんなにも自分たちが元気で働ける理由、精神、ノウハウを、すべて広く公開しようとの趣旨である。

 例えば店の壁には、てっぺんの「リーダーはどうあるべきか」、「時間管理の仕方」といったような、テーマごとのマニュアルなどの資料が、壁に幾つも張り出してあり、興味のある人は、店に来ればいつでも見ることができる。さらに、スタッフに頼めば、コピーをもらうこともできる。ゆくゆくは、料理のレシピも公開する計画がある。


てっぺん リーダー


てっぺんザルール


壁のポスター

「パッと見たところ、料理も接客も満足にできそうにない、頼りなさげな若僧が、驚くほどの仕事をしてしまうところを、同年代の若者に見てもらって、刺激を受けてほしい。赤の他人であるお客さんを、どこまで愛せるのか。人間力が上がることによって、人を引きつける力も上がるのです」と、類家令奈店長は張り切っている。 

 もちろん、自分たちが元気に働いている姿によって、顧客も元気になってもらうといった狙いもある。

 類家店長は高校まではスキーの選手を目指していたが、ケガで断念。大学時代はイベントサークルに入って、楽しく過ごしたものの、さしたる目標もなく、いつも心の中にはむなしさがあったという。

 卒業後に、縁合って、都内のダイニングで働くようになり、本気で信じられる仲間に出会った。そして、てっぺんの趣旨に共鳴して、昨年1月に転職した。

「この店を始める時に、スタッフは経験よりも、人生に本気で立ち向かっているのかどうか、目を見て選んだ」と、類家店長は熱く語る。店で働く人、店に来る顧客の、人生が変わるキッカケになればと考えている。


類家 店長

 顧客層は20代後半から30代の女性が多く、男女比は3対7で、女性が優勢。飲食関係者は50%ほどで、そのほかの職種では美容師が多いそうだ。

 内装は、入口を入って正面に鉄板があり、ライブ感のあるカウンターはインパクトが抜群。奥のほうは、落ちついたダイニングスペースになっている。


カウンター席


外観


内観

 人気メニューは、鉄板焼では、「海老とブロッコリーのマヨネーズ焼き」(830円)、「牛すじこんにゃくとたっぷりネギ」(680円)など。「広島風お好み焼き」、「鉄板ピザ」、「ガーリックライス」、「あさりの塩焼きちゃんぽん麺」、焼き野菜のサラダ「焼き野菜だよ!!全員集合!!」のようなメニューもあり、自由な発想でバラエティ豊かな料理を出しており、なかなか楽しい。

 寿司は、魚介類などのネタを海苔で巻いたロール寿司が主流で、例えば「6種の道場破りROLL」(1080円)は、キュウリと揚げ玉で食感を出したものだ。


海老とブロッコリーのマヨネーズ焼き(830円)


名物!6種の道場破りROLL(1,080円)


苺一会(580円)


クレオパトラ(580円)

 同店は「独立道場」でもあり、将来の独立を目指して働いている者もいるという。

 本気で飲食店の経営を考える人にとって、有益な情報とモチベーションを得られる店である。



【てっぺん渋谷男道場】
住所 東京都渋谷区宇田川町37−13
電話番号 03−5452−1598
営業時間 17:00〜01:00
定休日 不定休
客席数 54席
客単価 4000円
経営母体 有限会社てっぺん
長浜淳之介 2006年8月26日取材