RSSフィード

スナップショット


接客日本一は、「とり鉄」浜松町店の布施知浩さん。第4回S1サーバー・グランプリ全国大会、終了。

2009.3.9
 NPO法人「繁盛店への道」が主催する、接客日本一を決める大会「S1サーバーグランプリ」が、3/8に名古屋・名鉄ホールにて開催された。全国7地区大会の優勝者が出場。模擬客の出すクレームなどへの応対力を見る規定審査と、自分の接客の個性を自由に演じる自由審査との2つで、「また逢いたい」度を基準に審査員、観客が判断、合計点で順位が決まった。全国チャンピオンになったのは、関東地区代表の「とり鉄」浜松町店店長、布施知浩さん。同時に、訪問調査による一次審査で満点を数多く出した外食企業として「とり鉄」グループが表彰され、「とり鉄」の接客レベルの高さが示された。さらに、エントリー者の平均得点の最も高い企業として、カニや創作料理店などを展開する静岡県の雄大が表彰された。
 第5回S1サーバーグランプリ全国大会は、2010年3/8(月)、会場を東京に移して開催される。エントリー募集も始まっている。

「とり鉄」浜松町店
東京都港区浜松町2−4−12 モノレール浜松町駅ビル1F
電話:03-5733-4865
「とり鉄」
「雄大」
「S1サーバーグランプリ」


優勝賞金50万円を持つ、布施知浩さんと、惜しくも優勝を逃した、地区代表の6人。


「とり鉄」浜松町店をFCとして経営する、マックスコーポレーションの方々。


布施知浩さんと審査員。外食関係では、ゼットン稲本健一氏、ダイヤモンドダイニング松村厚久氏、カフェ・カンパニー楠本修二郎氏、『飲食店経営』千葉哲幸氏、元『日経レストラン』遠山敏之氏らが審査員として参加。また、第1回S1優勝、佐々木尚美さん、第3回S1優勝、長谷部円香さんも審査に加わった。


懇親会で大喜びの、布施知浩さん。

Page Top