フードリンクレポート


ロードサイドの居抜き物件のエンジェル。
ファミレスを復活させる!
井戸 実氏
株式会社エムグラントフードサービス 代表取締役

2008.11.21
「ロードサイドのハイエナ」と異名をとる井戸氏。2006年のエムグラントフードサービス設立当時は異端児だった。しかし、大手ファミレスチェーンの閉鎖店舗数が増える度に、引受先としての救世主として名前が挙がる。その活躍は、テレビ、新聞でも取り上げられ、今や「ロードサイドのエンジェル」に変身した。


笹塚のオフィスにて、井戸実社長。

直営28店中、14店がリース

 エムグラントフードサービスの設立は、2006年9月。2年後の現在、FC合わせて34店を展開している。2009年3月期の3期目で年商19億円の見込み。井戸氏は、たった3年でここまで昇り詰めた異例の成功者だ。

 資金の乏しい井戸氏を助けたのが、店舗リース会社。保証金や施工費などの開業費用ががなくても、月々のリース料だけで店舗が持てる仕組み。保証金や施工費、さらに金利が載せられた上でのリース料なので、割高は避けられない。

 通常、このリースを利用するのは、信用力の低い未だ数店のレベルの経営者。割高なリースから抜け出し、早く銀行借り入れで新店を出せるようになりたいと普通は考える。ところが、井戸氏は早く成長するために、このリースを使い続けた。

銀行借り入れでの出店に切り替えたのが、2007年2月。現在も直営28店の内、半数の14店がリース。

「サラ金で金を借りて商売しているようなものです。でも、金がなかったから仕方がない。それでも利益を出してきました。しんどいです。でも、来年から次々とリース期間が満了していきます。すると、一気にキャッシュが増えます。それまでは我慢です。今も綱渡りですよ」と井戸氏は苦労をものともせず、明るく話した。


「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」 国分寺店、11/20オープン。

全文(有料会員様専用)の見出し
金の借り方教えます

「ハイエナ」から「エンジェル」へ
シートまで全店同じ必要があるの?
ステーキはキテる、次は蕎麦、和食、デリバリー
(写真全3点)

■井戸 実(いど みのる)
株式会社エムグラントフードサービス 代表取締役。1978年生まれ。レインズ、小林事務所、店舗流通ネットに勤務。2005年11月、老舗ステーキハウス「いわたき」の再生を引き受け独立。2006年9月、株式会社エムグラントフードサービス設立。現在、「ステーキ&ハンバーグ いわたき」3店、「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」18店、「しゃぶしゃぶ 安田」1店、「水炊き・串焼きDining かみのこ」1店。都心では「博多水炊き ふくのかみ」2店、「Living&Dining Bar DNA」1店、「ちりとり鍋 はまじろう」1店、「イタリアンバール CONA」1店を展開している。

株式会社エムグラントフードサービス http://www.mgfood.co.jp/

【取材・執筆】 安田 正明(やすだ まさあき) 2008年11月4日取材

Copyright(C) FOODRINK CO.,LTD All Rights Reserved