フードリンクレポート


底を打った、東京へも中規模店で出店攻勢。
〜総合チェーン「きちり」のメニュー訴求力には限界がある。
専門店メニューをチェーンに落とし込み魅力アップ〜(3−3)
平川 昌紀氏 株式会社きちり 代表取締役

2010.10.1
きちりは「純正 コラーゲンスープ店」(東京・池袋、2009年11月開店)、「いしがまやハンバーグ」(東京・吉祥寺、10年9月開店)、イタリアン「アルトロ・ル・オーゴ」(大阪・堂島、10年9月開店)と専門店を次々に出店している。チェーン戦略を変更した訳でなく、強化するのが目的。オーストラリアへの社員旅行から帰国したばかりの平川昌紀氏に聞いた。3回シリーズ。レポートは安田正明。


iPadを使いこなす平川昌紀氏。品川区港南の新事務所にてインタビュー。

底を打った、東京へも中規模店で出店攻勢

「今は東京も関西もいいです。関西ではリーマンショック以降、市場は局地的には2割減ぐらいのイメージ。あの時までは計画以上に出店してもいいかなと思いましたが、既存のきちりブランドを守るため、関西では立地の悪い店を閉めたり、業態変更しました。均一価格居酒屋にも転換してみましたが、採算は取れるがいいビジネスじゃないですね。ウチの規模ではやっちゃいけない。」

 今年の春先から既存店は客数が前年を上回り、底を打った。店舗数のバランスも良くなった。特に東京の池袋、赤坂、秋葉原、恵比寿、渋谷、横浜、銀座に出店した100坪前後の大型店が良いという。

「東京はいいですよ。
★続く。
有料会員様
未会員様

【取材・執筆】 安田 正明(やすだ まさあき) 2010年9月17日取材

Copyright(C) FOODRINK CO.,LTD All Rights Reserved