RSSフィード

フードリンクレポート


ラーメン通の米国人シェフが始めた「アイバンラーメン」。
〜1兆円ラーメン市場、勝ち残る店の戦略を探る〜(4−2)

2010.5.20
ラーメン屋は全国に約4万軒あり、市場規模は約1兆円と言われる。その中で近年は、毎年約4000店が新規開業し、ほぼ同数が廃業しているという。年々1割の店が入れ替わる新陳代謝が激しい市場において、勝ち組はどのような店舗戦略を練っているのだろうか。マスコミやブロガー、評論家たちがつくり上げるトレンドには、いかに対処しているのか。タイプの異なる繁盛店3店とラーメンコンプレックスの成功例を取材してみた。4回シリーズの第2回目。レポートは、長浜淳之介。


ラーメンと日本をこよなく愛する、創業者のアイバン・オーキン氏。

ラーメン通の米国人シェフが始めた「アイバンラーメン」

 世田谷区の京王線芦花公園駅前、旧甲州街道沿いの「丸美ストアー」という昭和の雰囲気が満点の小さな市場の一角に、2007年6月にオープンした「アイバンラーメン」。

 店長でオーナーのアイバン・オーキン氏は1963年アメリカ、ニューヨーク州生まれ。しかも、化学調味料を入れない「無化調」と、あっさりしているのに奥深い味わいを持つ「淡麗系」と呼ばれる新しいトレンドを牽引したと言われ、あちこちの店を食べ歩くラーメン通たちからも評価が高い店だ。


「アイバンラーメン」 外観。
<続く>

【取材・執筆】  長浜 淳之介(ながはま じゅんのすけ) 2010年5月17日取材

【全シリーズ】
1)シンガポール進出で世界へ飛び出した、「なんつッ亭」。 【全文(有料会員様)】(5月19日)
豚骨醤油ラーメンで黒マー油がかかった「なんつッ亭」、流行と関係なく成功した店。
2)ラーメン通の米国人シェフが始めた「アイバンラーメン」。 【全文(有料会員様)】
(5月20日)
真逆の淡麗なスープで、コシはあるが細めの麺で提供する。
3)「壱八家」はモバイル会員6000人に店舗情報を一斉配信。 【全文(有料会員様)】
(5月21日)
モバイルでアンケートに答えた人には抽選でマイ箸をプレゼント。
4)1日平均3000人を集客。東京ラーメンストリートの成功。 【全文(有料会員様)】(5月24日)
高名なラーメン評論家に任せず、スタッフが食べ歩いて店を選んだ。

Copyright(C) FOODRINK CO.,LTD All Rights Reserved

Page Top